忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

すべての女は美しい
すべての女は美しい

価格:580円

だいわ文庫 著者:荒木経惟出版社:大和書房サイズ:文庫ページ数:185p発行年月:2006年09月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)いい女は「天女」で、「インテリジェンヌ」で、「センチメンタル」だ—。


顔のきれいさや身体の形は二の次、いい女には、オーラがある—。

ファッションモデルは撮りたくない。

マスメディアの娼婦だから—。

大勢の「普通の女」と過激に向かい合ってきた天才アラーキーが、「いい女」の条件を語りつくします。

【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 いい女は“天女”である(オレにとっての天女/ヨーコによって写真家になった ほか)/第2章 いい女の“フェロモン”(「下品な気品」がある女がいい/エロスに思想なんていらない ほか)/第3章 いい女は“インテリジェンヌ”(「いい女」であるには、やっぱり知性も必要/女の知性は体で表現する ほか)/第4章 いい女の“スウィート・スポット”(やっぱり写真は情事だ/撮ってほしいという女と「コイジン関係」になる ほか)/第5章 いい女は“センチメンタル”(オレの写真の師匠は親父だ/官能的なスピード感のある街 ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)荒木経惟(アラキノブヨシ)1940年、東京都に生まれる。

写真家。

千葉大学工学部写真印刷工学科を卒業後、電通に入社、写真部に所属する。

1964年、写真集『さっちん』(新潮社)で第一回太陽賞を受賞。

1971年、自らの新婚旅行を記録した『センチメンタルな旅』を自費出版し、話題となる。

1972年にフリーランスになってからは、女の性を追った「私写真」シリーズなど、女のエロチシズムをテーマに次々と問題作・話題作を発表しつづけ、「天才アラーキー」の異名をとる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。

・本> 文庫> 人文・思想・社会

PR
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
妄想乙女
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
合計
本日
昨日
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 写真集情報局 All Rights Reserved